銀行か消費者金融

キャッシングをする際は条件があるのか?

金融機関によって求める条件は異なってきます。
しかし、まず言えるのはキャッシングできるのは20歳~65歳までとなっています。
これは返せる能力があるかないかで考えたときにこれが一つの基準となってきます。

仕事をしていることも一つの基準として求められます。
これには総量規制という法律が関係しています。
年収の三分の一までお金を借りられますが、それ以上は借りられません。

つまり、仕事をしていないということは、収入がゼロとなるので、キャッシングできる金額も自ずとゼロとなります。
ですから最低でも数万円は毎月何らかの仕方で収入を得る事が求められます。
しかし銀行に関しては総量規制が適応されないので、これも覚えておくと主婦の方には助けになります。

いずれにせよ、総量規制により借金まみれにならずに済みますし、金融機関も守られます。
他の条件としては、嘘偽りなく申込書に記入をするということです。
キャッシングは信頼が大きなポイントになります。

もし申込書に勤続年数を多めに書いたり、年収を若干増やして記入したりすると、すぐにバレます
しかもそういうことがあると、金融機関にチェックされて、他の金融商品も利用できなくなることもありえます。
このような基本的な条件をクリアーしていれば誰でも利用できます。

このページの先頭へ