銀行か消費者金融

キャッシングとローンは違う?

何かの理由で金融機関からお金を借りることをキャッシングと言います。
そしてこのキャッシングの基本的な概念としては一括の返済です。
つまり、少しの金額がどうしても早急に必要で、しかももうすぐしたら給料日ですぐに返済することができる、それまでの間ななんとか助けて欲しいと考えるときに利用するのがキャッシングです。

しかし、ローンに関しては違います。
借りた金額を分割で毎月返済していく形になります。
ですから、ローンには、フリーローンと呼ばれる全く目的にとらわれることなく利用できるもの、また目的が決まっていてお金を借りる目的別ローンと分割をメインに考えられている商品がメインになります。

でも最近では、キャッシングであったとしても、リボルビング払いなどで、毎月決まった金額を返済していくシステムが採用されるようになり、昨今はキャッシングもローンもそこまで大きな差がなくなってきたのが現状です。
キャッシングとローンの間の位置づけで、気軽に利用できるローンとしてカードローンが人気を博しています。
キャッシングの様な手軽さと、返済の際は負担を少なくできるローンの魅力を兼ね揃えています。
結論として、小さな金額を借りてすぐに返すのがキャッシング、大きな金額で分割で返すのがローンです。

このページの先頭へ