銀行か消費者金融

最大いくらまでキャッシングできる?

キャッシングできる金額にも上限があります。
その上限までならいくらでも借入できるのがキャッシングです。
では、最大でいくらまでキャッシングできるのでしょうか。

これは、人によって変わってきます。
キャッシングとは、利用者の信用を担保にしてお金を融資することです。
つまり、その人が信頼できる人であればあるほど融資してくれる金額も大きくなりますし、逆にあまり信頼できないと判断されると融資額は少なくなります。

この限度額は、審査の時に決まってきます。
当然、働いている場合であれば、アルバイトや、パートの方よりも自営業の人の方が信頼性はありますし、自営業の方よりも正社員の方、そして正社員の中でも公務員であれば、やはり安定感が違います。
このように借りる人の安定感が高ければ高いほど、キャッシングできる金額も高くなるというわけです。

また、一般的な消費者金融などでは、マックスで500万円、一般では300万円が目安となっています。
もし金額を重視するのであれば、銀行で融資を受けるのが一番賢明です。
しかし、もともとキャッシングは小さな返せる金額を借りる様の金融商品なので、大きな金額を借りたいのであれば、他の金融商品の方が割は良いかもしれません。

このページの先頭へ