銀行か消費者金融

キャッシングの審査基準

自分が利用する金融機関によってキャッシングを申し込んだ時の審査基準は異なります。
しかし、一般的に共通している点がいくつか存在しています。
まずは、毎月、決まった収入を得ていることです。

キャッシングの特徴の一つに担保がいらないというものがあります。
担保とはお金がもし返せなくなった時に代わりにその保障として支払うものですが、ほとんどの金融商品ではこの担保が必要になります。
しかし、キャッシングの場合、それが必要ありません。

代わりに、それなりの信用が求められるというわけです。
ですから審査の際に、毎月、安定した収入を得ているかがチェックされます。
これに関しては、仕事の安定性に応じて貸し出される金額も変わってくるという仕組みになっています。

嬉しいのは、アルバイトやパートであったとしても、毎月収入を確実に得ていればそれで問題なく審査を通してくれる金融機関もたくさんあります。
更に、勤続年数も信頼という点で大きな審査材料になります。
安定と関係していますが、何年もしない内に仕事をころころと変えてしまっている、もしくは最近ようやく仕事に就いた、こういった場合は低く評価されてしまうこともありえます。
どこの金融機関も基準にするのが、安定した収入と勤続年数です。

このページの先頭へ